こん太きんかん

新品種 こん太キンカン
糖度20度以上の激甘キンカン!
(以上と言うのは訳がある!中には糖度25度のものもあります。)
【ご家庭用小玉サイズ】


お得な理由は「サイズが小さい」だけ!
激甘のこん太キンカンをお得にお試しくださいませ!


ただ今、送料無料サービス実施中!

(申し訳ございませんが、北海道・沖縄・一部離島の場合は+540円いただきます。)

甘い! ちょっと苦い?
甘み・香り・苦味のバランスが抜群!

販売開始(2月上旬)の今の季節、「風邪にならないように」というセールストークしか思い浮かばないのですが、 キンカンはまさにそれ! ビタミンCが豊富でビタミンEも含まれています。皮ごと食べられるので効率よくこれらの栄養素を摂取することができます。風邪予防や咳止めに効果あり!さらに果物には珍しくカルシウムも含まれています。骨粗しょう症にも効果ありとか!おばあちゃんへの贈り物にすればポイントアップかもしれません。


新種こん太きんかんが出来るまで~

キンカンは、中国で古くは宋代に栽培されていたそうです。日本へ伝来されたのは1826(文政9)年といわれていています。中国の船が遠州灘で難破し清水港に船体の修理のために寄航した際、静岡市清水の名手市新発田権左衛門が世話をしました。そのお礼に船員からキンカンの砂糖漬けをもらい、その種を播いたのが始まりと言われているそうです。
今回、紅光がご紹介するのは、この静岡市清水の近藤さんが交配・栽培した新品種、こん太きんかんです。
すでに店頭でキンカンをみかけた方も多くいらっしゃるとは思いますが、このこん太きんかんは樹上で完熟させるために出荷時期が一般のものより遅いです。
人気急上昇。東京方面出荷もはじまりました。


近藤さんのこん太きんかんの栽培風景
(2012.2.11 訪問)


静岡市清水、市街から北へかなり行ったところに近藤さんのきんかんのハウスがあります。 キンカンを多く出荷しているのは宮崎・和歌山・鹿児島・高知、暖かい地方ですね。
キンカンの実は直径2~3cmで柑橘類の中で一番小さい果物だそうです。 この小さい果実の中に味が凝縮されているんですね。 キンカンは、皮を食べる果物です。皮の甘味と苦味、香りと、のバランスがなんともいえないんですよね。とにかくカブリつく!これがキンカンの醍醐味です!
ハウスの天井に届くくらい大きく育っている、こん太キンカン。 こん太キンカンを発明した近藤さん。
こん太キンカン(ハウス栽培)2月の後半まで樹で完熟させるキンカンはありません。本当の完熟です。この色を見てください。 同じ日に撮影した露地栽培の普通のキンカン。青くて同じ日に撮影したと思えませんね!



【お得な理由はサイズが小さいからです】

お得な理由はサイズが小さいから

お得な理由は「サイズが小さい」だけ!
激甘のこん太キンカンをお得にお試しくださいませ!


たっぷり1キロで約80個前後


【1キロで約80個前後となります】
お届けする時のキンカンの大きさにより、お届けの数は変動します。
ご了承くださいませ。




【自信をもってオススメします】

激甘こん太キンカンは、
「これまでのキンカンは何だったの?!」
と思わせるキンカンですよ。

【期間限定ですのでお早めにご注文下さい】
ご注文お待ちしております♪


【好評販売中】 こん太 キンカン 【訳あり・家庭用】【送料無料】 近藤さんらの完熟キンカン(金柑) こん太きんかん 1キロ

価格: ¥2,980 (税込)
[ポイント還元 30ポイント~]
数量:
在庫: ×

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

ページトップへ